頸椎のヘルニアの発症

頸椎のヘルニアの発症では

頸椎椎間板ヘルニアの発症には

頸椎椎間板ヘルニアは、7つある頸椎のそれぞれの間に椎間板と呼ばれる軟骨があって、クッションのような働きをし衝撃を吸収していますが、この椎間板が飛び出すことで脊髄や神経根が圧迫を受けて発症するとされています。上から順番に第一頸椎、第二頸椎となり、この場所によって現れる症状に違いがあるのが特徴のひとつになります。首や肩、腕や手、下半身などさまざまな部分に影響が及ぶものですから、早めに専門医の診療を受けられるのがいいでしょう。

↑PAGE TOP