健康と中性脂肪の値

健康と中性脂肪の値について

中性脂肪の値が高いと健康に注意

健康診断で中性脂肪が高い場合、健康を意識する必要があります。値が高いと血液の状態がサラサラではないので、詰まりやすく血栓が簡単につくられるので、動脈硬化を引き起こしてしまいます。動脈硬化は自覚症状がなくいつの間にか進んでいることが多いので、脳梗塞や心筋梗塞といった突然死を招いてしまう可能性があります。中性脂肪の値が高い場合は、まず運動と食事に注目します。自分は健康的な食事をしていると思っても栄養面では異なることが多いです。あまりにも値が高い場合は、食べたものを食事ノートをつけ、栄養指導を受けると安心です。

中性脂肪は検査前の食事で影響

健康な人であっても直前の食事で中性脂肪が変化します。中性脂肪は、食事から小腸で吸収された脂肪の値を測定します。健康であって身体検査や肥満度、体脂肪が正常であって検査値が高い時には、検査前の食事が原因ですので、12時間以上たってから再検査をします。それでも検査値が高い原因は、肥満、食べ過ぎ、運動不足、飲酒などによる生活習がほとんどであり、食事、運動、既設などの変化で変動しやすく、肉類や甘いものを食べると値が上がり、、運動すると下がります。再検査しても異常値ならば、肥満、糖尿病、脳血管障害などの動脈硬化系の病気の疑いがあります。逆に、極端に検査値が低い場合には、肝硬変などの病気が考えられます。ふだんから脂肪分の少ない食事を心がけることです。

↑PAGE TOP