中性脂肪と健康維持

中性脂肪と健康維持について

中性脂肪を下げて健康維持

痛風の痛みはかなり激しく、風が吹いても痛いと言われる程です。この病気を引き起こす原因の一つに、中性脂肪の数値が高いということがあげられます。中性脂肪そのものは身体の健康維持には必要なのですが、この数値が高すぎる事が問題になるのです。ウォーキング等の運動をしたり、食事制限をして数値を下げる事によって、痛風の予防も出来ますし、既に症状が出てしまって薬を服用していても、数値が安定してくれば服用を中止することも可能です。食事と運動の組み合わせで、数値を下げる事に成功すれば健康を維持する事が出来るのです。

中性脂肪値が上がるとどうなるか

健康診断で血液検査を行いますが、その結果を受け、中性脂肪値が高いと診断されることがあります。これは血液がドロドロとした状態になっている危険性があるということで、値が高ければ高いほど動脈硬化などを引き起こすリスクが高くなります。中性脂肪値を下げるには、健康に気を付け運動や食事の見直し、生活習慣を正すということ大切になります。値が高いかどうかは、血液検査を行わないとわからず、目に見える症状や自覚症状がないので、そのまま何もせず放置してしまうと心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病を発症することがあります。

↑PAGE TOP