中性脂肪と健康生活

中性脂肪が健康に与える影響

中性脂肪が高いと健康に良くない

血液中の中性脂肪やコレストロールが増えると、動脈硬化の危険性が増します。中性脂肪は、糖質や動物性脂肪から肝臓がつくりだすものです。数値に異常が発生する原因は、普段の生活にあります。肥満や食べ過ぎ、運動不足、過度な飲酒が健康を害することにつながります。検査基準値は、正常な目安は30~149です。150~300は、軽度の病気と診断されます。食事療法や運動療法を取り入れる必要があります。数値改善をめざすためには、有酸素運動をおすすめします。血流を良くする効果があります。血流が良くなると、酸素が筋肉内で活発に動いて数値を減らす作用があります。生活習慣を改善することが、体のリズムを取り戻し健康維持をもたらすことを知っておくことが大切です。

中性脂肪?!健康的な生活を!

毎日を快適に過ごすためには、生活習慣病に気を付けることが大切です。コレステロール値や、中性脂肪が高いと、健康に害が及ぶおそれもあります。肥満や、ストレス、加齢、運動不足により、血液の循環が悪くなり、血管がつまる病気、動脈硬化にもつながります。中性脂肪を減らすためには、普段から食生活に気をつけて、適度な運動、睡眠、ストレス発散を心がけ規則正しい健康的な生活を送ることが大切です。動脈硬化を防ぐためにも、毎日の生活の中で、アルコールを控えたり、タバコ、運動不足に注意して生活しましょう。定期的に血液検査も受けることも大切です。

↑PAGE TOP